2010-05-28

野菜レシピ特集 ~ ベジタブルスウィーツ編

最近、野菜を使ったベジタブルスウィーツが流行っているようです。ロールケーキのクリームの中に野菜を入れたり、生地に野菜を練りこんだりと、野菜の美味しさをスウィーツに活かしたものがたくさん登場しています。

今回は、このベジタブルスウィーツのレシピをお届け。やさしい味わいのカステラとトマトの甘みと酸味のバランスが爽やかなソルベをご紹介します。


ほんのりとした小松菜の苦味がアクセントに

小松菜カステラ
komatuna_cake.jpg
■材料(15cm×15cmの天板1枚分)
全卵...1個分
卵黄...2個分
砂糖...70g
はちみつ...大さじ2
薄力粉...70g
小松菜の葉...80g


■作り方
1.小松菜の葉は、沸騰した湯で2分ほど茹で、水気を絞ったら細かく刻んで、水気をきっちりと絞る。
2.ボウルに全卵と卵黄を入れて泡立て器で溶きほぐし、砂糖の半量を加えて泡立て器で、ボウルの底をこするように混ぜたら、今度は白っぽくなるまで泡立てる。さらに、残りの砂糖も加えて混ぜ、持ち上げると線が描けるくらいまで、泡立て器でしっかりと泡立てる。
3.2.に、はちみつ、小松菜の順にその都度、泡立て器で混ぜながら加える。次に振るった薄力粉を加え、木べらで、切るように混ぜ合わせる。
4.紙をしいた型に流しいれ、180度のオーブンで表面に薄く焼き色がつくまで約25分、続いて、アルミホイルをかぶせ温度を160度に下げて40分焼く。
5.焼けたら、型から取り出し、網の上にのせ、粗熱を取り除き、好みの形にカットしていただく。


トマトを使ったシャーベット、爽やかな酸味がおいしい!

トマトソルベ
tomato_srbe.jpg
■材料
トマト...270g
マーマレード...大さじ4
砂糖...大さじ2~3
ゼラチン...5g
水...大さじ2


■作り方
1.ゼラチンに水を加えてふやかしておく。
2.トマトは沸騰した湯に加え、15秒ほど茹で、水にとり薄皮をむき、一口大に切る。
3.小鍋に、2.のトマトを入れて中火にかけ、1分程でトマトから水気が出てきたら火を止め、1.のゼラチンと砂糖、マーマレードを加え混ぜ、タッパーなどに移す。粗熱が取れたら、冷凍庫に入れて、冷やし固める。
4.シャーベット状に固まったら、スプーンで削って盛りつけ、あればミントを添える。

2010-05-28 in スウィーツ | 固定リンク

2010-05-21

野菜レシピ特集 ~ 蒸し野菜編

今回の野菜レシピは、素材の味をそのまま楽しめることで人気を集めている蒸し野菜のレシピをお届け。ソースのバリエーションで、野菜のおいしさを楽しみましょう。ご紹介するソースは、サラダのドレッシングにしてもおいしいですよ!

蒸し野菜と三種のソース

musiyasai_01.jpg
■蒸し野菜の材料
にんじん...1/2本
セロリ...1/4本
れんこん...1/2節(150g)
おくら...2本
プチトマト...4個
もやし...1/2袋


■作り方
1、セロリは筋を取り除いてから、長さ5cmに切り、縦に2~3等分に切る。にんじんは皮をむいたら縦に厚さ5mmの薄切り、れんこんも厚さ3~4mmの輪切り、おくらはガクを切り落とす。
2.蒸し器に水を入れて加熱し、蒸気が上がったら、野菜を並べたせいろを入れて強火で10分程蒸す。


まずは、香味野菜をたっぷり入れたさわやかな味のソースです。
香味ソース
musiyasai_02.jpg
■材料
しょう油...大さじ1
酢...大さじ1
みりん...小さじ1
ねぎのみじん切り...長さ10cm分
生姜・にんにくのみじん切り...適宜
ごま油...少々
白ごま...少々

こちらは、チーズを使ったリッチな味わい。トマトとの相性がばっちり。
チーズソース
musiyasai_03.jpg
■材料
クリームチーズ...50g
牛乳...大さじ1
生クリーム...小さじ2
バター...5g
顆粒コンソメスープの素...少々
塩・こしょう...適量

インドネシア料理のソース。ナンプラーたっぷりでエスニック風味です。
ガドガド風ソース
musiyasai_04.jpg
■材料
ピーナッツバター(無糖)...大さじ2
酢...大さじ1
ナンプラー...小さじ2
砂糖...小さじ1/2
豆板醤...小さじ1/2
にんにく、生姜のすりおろし...各少々

■ソースの作り方
各ソースともに、材料をよく混ぜ合わせるだけ。
クリームチーズは室温にもどしてから混ぜ合わせるか、電子レンジに15秒ほどかけて、少し軟らかくしてから混ぜ合わせるとよい。

2010-05-21 in 夏のレシピ | 固定リンク

2010-05-14

野菜レシピ特集 ~ スープ編

夏にかけて、いろいろな野菜が旬を迎えます。元気いっぱいの旬の野菜をたっぷり食べるレシピをご紹介していきます。今回は、スープのレシピをお届け。たっぷりの野菜を食べられるのが、スープのうれしいところ。

枝豆を白みそベースの汁で溶いた和風のスープ。色が鮮やかで、見た目にもおいしいですね。

枝豆のすり流し
edamame_surinagashi.jpg

材料(4人分)

枝豆(さやつき)...300g
だし汁...600cc
白味噌...大さじ1と1/2
塩...少々
ボイルえび・万能ねぎ...各適宜


作り方

1.枝豆はさやつきのまま塩少々(分量外)をふってもみ、熱湯で色よく茹でて、さやと薄皮を取りのぞく。万能ねぎは小口切りにする。
2.鍋にだし汁と1.の枝豆を入れ、豆が軟らかくなるまで煮て、あら熱が取れたら、ミキサーにかけて攪拌し、再び鍋に戻す。
3.白味噌と塩で味を調え、器に盛り、ボイルえびと万能ねぎの小口切りをあしらう。


意外な組み合わせですが、納豆から出るうまみが夏野菜にぴったり合います。野菜のうまみもたっぷり加わったスープです。

トマトとズッキーニ、納豆のスープ
zukkini_soup.jpg

材料(4人分)

ひき割り納豆...45g
プチトマト...8個
ズッキーニ...1本
にんにく...小1かけ
オリープオイル...大さじ1
白ワイン...大さじ3
薄口しょうゆ...大さじ1
固形チキンスープの素...1/2個
塩・こしょう...各適宜
パルメザンチーズ...各適宜


作り方

1.プチトマトは半分に切る。ズッキーニは小口から薄切りにする。
2.鍋にオリーブオイルとにんにくのみじん切りを入れて弱火にかけ、香りがたってきたら、プチトマト、ズッキーニを加えて炒める。全体に油がまわったら、ひき割り納豆を加えて、さらにひと炒めする。
3.水300cc、チキンスープの素、白ワインを加えて3~4分煮て、薄口しょうゆ、塩、こしょうで味を調える。
4.器に盛り、パルメザンチーズをふる。

2010-05-14 in 夏のレシピ | 固定リンク

2010-03-19

ドギーバッグにケーク・サレを入れて、屋外でランチ

あたたかくなって、気持ちいい季節になってきます。この時期は、お弁当を持って、屋外でランチするのが楽しいですよね。

ケーク・サレは、形も崩れることがないのでお弁当にぴったり。今回は、ケーク・サレ中心にした、ランチボックスレシピを考えてみました。

cake_sare0318_01.jpg
ケーク・サレを運ぶランチボックスには、今、静かなブームになっているドギーバッグを使います。これは、本来は、レストランで食べきれなかったお料理をお家に持って帰るためのボックス。エコ意識の高まりもあり、使っている人が増えてきているそう。

cake_sare0318_03.jpg
いろいろ見てみると、デザインもかわいいし、内側は防水加工になっていて洗って何度も使えるものもあります。「これってお弁当箱にもなる」と思いついちゃったのです。食べ終わったら、折りたためるので持ち帰る時に便利ですよ。

cake_sare0318_02.jpg
ケーク・サレでお弁当ランチで作ったのは、「Paris発、パウンド型で50のケーク」で紹介されている「チョリソー入り、パプリカ風味のケーク・サレ」。

チョリソーがお肉なので、まずは野菜を合わせます。レーズンの甘みがケーク・サレの辛さとぴったり合います。

にんじんのマリネ
cake_sare0318_05.jpg
■材料(作りやすい分量)

にんじん...1本
玉ねぎ...1/6個
塩...適宜
レーズン...大さじ3
松の実...大さじ2
<マリネ液>
 白ワインビネガー...大さじ3
 はちみつ...小さじ2
 塩...小さじ1/2
 オリーブ油...大さじ5
 ローリエ...1枚

■作り方

1.にんじんは皮をむき、皮むき機でで縦に薄くスライスする。玉ねぎは薄切り。それぞれの野菜に塩ひとつまみを加えてもんでから、タッパーなどに移して合わせる。
2.レーズンは水につけて、やわらかく戻しておく。松の実はフライパンでうっすら焼き色が付くくらいまで空炒りする。
3.鍋に白ワインビネガーとローリエを入れて、ひと煮立ちさせ、ハチミツと塩を混ぜ、火を止め、1.にかける。
4.3.にレーズンと松の実を加え混ぜ、オリーブ油を注ぎ混ぜ、そのまま冷やして味をなじませる。


ブルーチーズを使ったスウィーツで、食後を締めてみましょう。


ブルーチーズと洋ナシのデザート
cake_sare0318_06.jpg
■材料(作りやすい分量)

ブルーチーズ...40g
洋ナシの缶詰...30g
くるみ...20g
グラハムクラッカー...4枚
はちみつ...適宜

■作り方

1.ブルーチーズは1cmほどの大きさに手でちぎっておく。洋ナシは1cm角に切る。くるみは香ばしく炒ってから4等分にする。グラハムクラッカーは5~6等分に手で折る。
2.1.の材料をボウルなどに全て入れて、はちみつを加え、軽く合える。

cake_sare0318_07.jpg
春も到来、こんなケーク・サレランチを楽しんでみてください。ご紹介したドギーバッグは、Amazon.co.jpで買うことができますよ。

ドギーバッグの購入はこちら!

441809014_l.jpg
Paris発、パウンド型で50のケーク

マルティーヌ・リザンバール (著)
価格:1,890円(本体1,800円)
bt_amazon.gif


2010-03-19 in その他 | 固定リンク

2010-03-12

ケーク・サレといっしょに野菜たっぷりランチ

お惣菜にもなるケーク・サレ。でも、これ一品だけでは、お腹が満足できません。他に、どんなメニューを合わせればいいのか、ちょっと迷ってしまいます。

kace_sare0311_02.jpg
今回は、ケーク・サレと一緒に食べるパスタとスープのレシピを考えてみました。野菜たっぷりのケーク・サレに、春らしい野菜を加えたメニューを合わせた野菜たっぷりランチ。季節感も味わってみてくださいね。

kace_sare0311_01.jpg
今回作ったのは、「Paris発、パウンド型で50のケーク」で紹介されている「パプリカとズッキーニのケーク・サレ」。

kace_sare0311_03.jpg
このケーク・サレに合わせたのは、菜の花をたっぷり使った春らしいパスタ。

菜の花とベーコンのパスタ

■材料(2人分)

菜の花...1束
ベーコン...50g
アンチョビ...3枚
にんにく...1かけ
パスタ...160g
赤唐辛子...小1本
オリーブオイル...大さじ1と1/2
塩・こしょう...各適宜


■作り方

1.菜の花は塩を加えた湯で2分ほど茹でて、水にとり、あら熱が取れたら水気を絞り、長さ3センチに切る。
2.ベーコンは長さ3センチ、アンチョビ、にんにくは粗みじん切りにする。
3.たっぷりの湯をわかし、パスタを茹で始める。
4.フライパンにオリーブオイルとにんにくを加えて弱火にかける。香りがたってきたら赤唐辛子を加える。にんにくに軽く焼き色がついてきたら、菜の花を加えてひと炒めし、パスタのゆで汁を1/4カップ加え沸騰させる。
5.4.に茹で上がって水気をきったパスタを加え、サッと炒め合わせて、塩・こしょうで味を調える。


kace_sare0311_04.jpg
ごぼうは、春にも旬をむかえます。香りを楽しむ濃いめのポタージュです。

ごぼうのポタージュ

■材料(2人分)

ごぼう...1本(250g)
玉ねぎ...1/2個
牛乳...1カップ
コンソメスープの素...1/2個
塩...小さじ1/4
白粗挽きこしょう...少々
バター...10g
生クリーム...適宜


■作り方

1.ごぼうは小口から斜め薄切りにし、10分ほど水にさらす。玉ねぎは薄切りにする。
2.鍋にバターを溶かし、玉ねぎを透き通るまで炒め、水気をきったごぼうも加え炒める。
3.ごぼうに油がまわったら、水1カップ、コンソメスープの素を加えて、ごぼうがやわらかくなるまで、弱火で15分程煮る。
4.あら熱が取れたら3.をペースト状になるまで、ミキサーにかける。
5.4.を鍋に戻し、牛乳を加えて、沸騰させないように注意しながら中火であたためてのばす。塩、こしょうで味を調える。
6.器に盛り付け、好みで生クリームを加える。

441809014_l.jpg
Paris発、パウンド型で50のケーク

マルティーヌ・リザンバール (著)
価格:1,890円(本体1,800円)
bt_amazon.gif

2010-03-12 in その他 , 春のレシピ | 固定リンク

2010-03-05

「Paris発、パウンド型で50のケーク」のレシピを作ってみました

あたたかい日もあって、ずいぶんと春らしくなってきました。桜の開花も楽しみですね。

さて、そんなお花見パーティに登場させたい新顔ケーキに注目しています。その名は「ケーク・サレ」。

ケークと名は付きますが、甘くありません。おつまみや、食事の一品としていただけるケークなんです。塩ケーキとかお惣菜ケーキとも呼ばれているようですね。

レシピを紹介した本もたくさんありますが、参考にしたのは、この本です。

Paris発、パウンド型で50のケーク

cake_sare01.jpg
他の本と違うのは、特注シリコン製ミニパウンド型と木のスプーンがセットになっていること。レシピと調理道具が一緒に買えるのって、うれしいですね。


ただ、付属のミニパウンド型で作る場合は、本のレシピの半量で作らなくちゃいけません。

さて、お菓子作りは好きなのですが、このケーク・サレは、まったく初めて作るので、慎重にレシピ通りにしていかないといけませんね。

選んだレシピは、ロックフォールチーズと洋梨のケーク・サレ。フランスの料理本の翻訳ということなので、本場っぽい食材を使ったものにしてみたのです。

cake_sare02.jpg
作り方はいたってシンプル。ボウルに材料を次々と加えて混ぜていくだけですね。まずは、粉と生地をボウルに入れます。

cake_sare04.jpg
さらには、ロックフォールチーズと洋梨を加えてむらなく混ぜます。これで生地は完成。

cake_sare05.jpg
生地を付属のミニパウンド型に流し込みます。パウンド型が小さいので、慎重に入れないとこぼしちゃうので注意が必要でした。

cake_sare06.jpg
こんな感じで出来上がったら、冷蔵庫で30分休ませます。

cake_sare07.jpg
オーブンで焼くこと45分。できましたよ。いかがですか? この出来栄えは。焼き色が付きすぎちゃったかなぁとも思いますが、初めてにしては上出来じゃないでしょうか。

cake_sare08.jpg
切り分けていただくと...。ロックフォールチーズの青カビの風味と洋梨の甘さの組み合わせが最高においしい~! 食感は、キッシュの生地にもう少し、粉が入って固まった感じです。


これは、シャンパンとかワインとかと一緒にいただきたくなりますね。

量もこの型で作るくらいが、ちょうど良いのかも。5~6人くらいのお客様が来たときに、前菜で出したら喜ばれるだろうなぁ。

甘くないケーキということで、味の想像ができずに作ってみましたが、これは人気が出るのもうなずけます。作り方も混ぜるだけで簡単なので、これから我が家の定番おつまみになるかも。

この本には、50のケークのレシピが収録されているので、他にもいろいろ試したいと思います。

次回をお楽しみに!

441809014_l.jpg
Paris発、パウンド型で50のケーク

マルティーヌ・リザンバール (著)
価格:1,890円(本体1,800円)
bt_amazon.gif


2010-03-05 in スウィーツ | 固定リンク

2009-12-18

ストウブのフォンデュ鍋で、キャラメルフォンデュ&チョコフォンデュ

パーティーの締めくくりのスウィーツって、何にしようか迷いますよね。話題のスウィーツを買ってきて食べるのもいいけど、やっぱり手作りもしたい...。でも、スウィーツまで作るのは、ちょっと大変...ですからね。

そんな時に、おすすめしたいのが、今回紹介するキャラメルフォンデュとチョコレートフォンデュ。

材料を混ぜるだけの簡単レシピですから、前菜やメインを作ってからでも、準備できますよ。

staub_01.jpg
そのフォンデュに使ったのが、ストウブの鍋。分厚い鋳物でできているだけあって、保温性抜群です。

staub_02.jpg
ロウソクの炎でじんわりと温まり、焦げ付くこともありませんでした。

さて、レシピをご紹介しますね。

staub_04.jpg

■キャラメルフォンデュ

材料(4人分)

<ソースの材料>
生クリーム...300cc
はちみつ...60g
砂糖...70g
バター...50g

<具>
りんご
くるみ
クッキー
 等、好みのものを用意する。

作り方

1.小鍋(フォンデュ用鍋)にソースの材料を全て入れて中火にかけて、沸騰してきたら弱火にして、へらでかき混ぜながら1分ほど煮る。
2.好みの具をからめながら、いただく。

staub_03.jpg
キャラメルフォンデュは、はやりの生キャラメルからヒントをもらって作ってみました。生キャラメルほど濃厚ではないソースにして、素材の味とのマッチングを楽しみます。コクのあるキャラメル味とフルーツやナッツとの相性は抜群ですよ。

続いて、定番のチョコレートフォンデュです。みんなで一つの鍋を囲むスウィーツって楽しいですよ!

staub_06.jpg

■チョコレートフォンデュ

材料(4人分)

チョコレート...120g
牛乳...約80cc

<具>
いちご
マシュマロ
アーモンド
グミ
 等、好みのものを用意する。


作り方

1.チョコレートは細かく刻む。
2.小鍋(フォンデュ用鍋)で牛乳を沸騰させたら弱火にし、そこへ、1.のチョコレートを加えて溶かす。チョコレートのとろみ具合は好みで牛乳を足して調節する。
3.好みの具をからめながら、いただく。


staub_05.jpg
具はお好みのものを、いろいろ用意しましょう。甘党ならば、マシュマロなんかもオススメです。クロワッサンやカステラなどとの相性も良いですよ。

2009-12-18 in スウィーツ , パーティレシピ | 固定リンク

2009-12-11

ストウブの鍋で作るビーフシチューレシピ

寒~い冬の夜、ことことと煮込んだビーフシチューを食べたくなりませんか? 大きな牛肉をほろほろになるまでゆっくり煮込んだビーフシチューは、時間をかけただけのおいしさがあります。

そんな煮込み料理にぴったりなのが、ストウブのピコ・ココット。ル・クルーゼと並んで、ブランド鍋の人気アイテム。

beef_nabe.JPG

分厚い鋳鉄でできていて保温性抜群で、熱の伝わり方が均一なのでじっくり煮込むような料理にぴったりなのです。

素材がコトコトと煮込まれているだけで、なんだか幸せな気分になれる鍋なんですよ。

stoub_beef_pro.jpg

このストウブのピコ・ココットを使って、じっくり煮込んだビーフシチューを作ってみました。お肉を長時間かけて柔らかくなるまで煮るので、野菜は後から加えましょう。

stoub_beef_kanisei.jpg

■ストウブの鍋で作ったビーフシチュー

材料(4人分)

牛すね肉...600g
赤ワイン...300CC
キウイ(完熟)...1個
デミグラスソース缶...1缶(290g)
トマトケチャップ...大さじ3
にんじん...1本
玉ねぎ...2個
じゃがいも...4個
サラダ油...適宜(バター・ラードでも可)
ローリエ...2枚
塩・こしょう...適宜

作り方

1.牛すね肉は大きめの一口大に切る。キウイは皮をむいて厚さ8mmの輪切り。
2.ボウルに1.の材料と赤ワインを入れ、冷蔵庫に入れて、一晩おく。
3.2.の肉の水気をキッチンペーパーで、しっかりと取り除き、サラダ油を引いたフライパンで両面に焼き色がつくまでソテーする。
4.鍋に、3.の牛肉と2.で漬け込んだワイン、水5カップを入れ、2~3時間弱火で煮る。
5.玉ねぎは縦に6等分、にんじんは厚さ3cmのぶつ切りにし、サラダ油を少々引いたフライパンで、表面に火が通るくらいまでソテーする。じゃがいもは皮付きのまま竹串がスッと通るまで茹でて皮をむいておく。
6.4.の鍋にデミグラスソース缶、トマトケチャップとローリエの葉、好みでローズマリーなどのハーブ類を入れ、30分弱火で煮込み、5.のたまねぎ、にんじん、皮をむいたじゃがいもを加え、さらに30分煮込む。
7.塩、こしょうで味を調える。

2009-12-11 in 洋食 | 固定リンク

2009-12-04

タジン鍋のあさりと野菜の蒸し煮

街のイルミネーションがクリスマスモードになって、年末が迫ってきたなぁと実感しますよね。今年のクリスマスレシピは何にしようかなぁ~なんて迷っていませんか? 私は、最近買ったお気に入りの鍋で、一品作ってみようかと思っています。

tajin_01.jpgそのお気に入りの鍋とは、タジン鍋。もともとは、モロッコの伝統的な調理器具で、とんがり帽子のような形をしています。この帽子のようなふたのおかげで、蒸気が効率良くまわるので、少ない水でも蒸し料理ができるというわけです。

tajin_03.jpg水が貴重な乾いた地域ならではの鍋ですね。この蒸し料理の鍋が、蒸し料理ブームと相まって大人気。

本場モロッコのものから、日本製まで、さまざまなるタジン鍋の中から、私が購入したのは「ストウブ」というフランスのメーカー。

tajin_03_2.jpg
皿の部分が鋳物でできているので頑丈だし、デザインがシンプルなのでキッチンに置いても、邪魔にならなそうなのが、うれしいです。

tajin_02.jpg
では、蒸し料理が得意なタジン鍋のレシピをご紹介しますね。

皿ごと出せるので、パーティ料理の前菜にいかが?

tajin_05.jpg

■タジン鍋のあさりと野菜の蒸し煮

材料(4人分)

あさり...150g
ブロッコリー...1/2株
カリフラワー...1/6株
アンチョビ...3切れ
にんにく...1かけ
オリーブ油...大さじ1


作り方
1.あさりは砂抜きをしておく。
2.ブロッコリー、カリフラワーは一口大に切る。アンチョビ、にんにくはみじん切りにする。
3.タジン鍋にオリーブオイル、にんにく、アンチョビを入れて弱火にかけて、ソースを作る。
4.にんにくの香りがたってきたら、ブロッコリーとカリフラワーを入れて、アンチョビソースが全体にからむように、ザックリと混ぜ合わせる。そこへ、あさりを入れ、ふたをし、タジン鍋から蒸気が激しく出てきて、あさりの口が開くまで弱火にかける。


tajin_04.jpg
こんな風に、ふたの穴から勢いよく蒸気がふき出してきます。タジン鍋があれば、ヘルシーな蒸し料理のレパートリーが広がりそうですね。


2009-12-04 in パーティレシピ | 固定リンク

2009-11-27

年末年始におすすめ、ブランド食材ネットショップ

クリスマスや忘年会、年始と人が集まる機会が多くなります。とっておきの食材をネットで取り寄せて、おいしい一品を作ってみては。

全国にはさまざまなブランド食材がありますが、その中からおいしそうなものを選んでみました。

■お肉編

播州ハム

banshu.jpg本場ドイツのハム作りを受け継ぎ、品質へのこだわりを持ち続けた老舗のハムメーカー。ハム、ベーコン、ソーセージなど、本物を味わえる商品がずらりと並んでいます。


十和田ミート 短角牛

tankaku.jpg幻の品種とも言われている短角牛。なかなか手に入らない牛肉ですが、ネット通販で売っているショップを見つけました。そのおいしさを味わってみてください。

青森シャモロック専門店

青森のブランド鶏肉「青森シャムロック」。独特の歯ごたえとうまみが特徴なのだとか。おいしい鶏肉でお鍋料理もおいしそうです。


■お魚編

紀伊国屋文左衛門本舗 クエ

幻の魚として話題沸騰中のクエ。そのプルンプルンのゼラチン質は、一度食べると病みつきに。おもてなしの話題をさらう鍋ができそう。

日本ロイヤルガストロ倶楽部 関サバ

豊予海峡で一本釣りによって収穫された関サバ。激しい海流の中で育ったサバは、ブランド魚にふさわしい、別格の味だそうです。


文化商店 福山さわやかぶり

鹿児島がブランド魚としてデビューさせたのが「福山さわやかぶり」なんだそうです。ぶりのしゃぶしゃぶ、お刺身、おせちなどにいかがでしょう。

■日本全国から選りすぐった名産品編

うまいもんドットコム

umaimon.jpgその名の通り、うまいもんを集めたネットショップ。食材や調味料など手に入りにくいものが、ここでならOK。また、厳選食材を使った鍋やおせちも販売中。

佐藤水産

札幌で有名な高級海産物専門店のネットショッピングサイト。北海道の海の幸を手軽に取り寄せることができます。おせちの通販もあり!

金沢屋

野菜やお魚、調味料など金沢の名産品を目利が厳選した自慢の逸品をネットで買えるショップです。

47CLUB

全国の地方新聞が、おすすめの名産を集めたネットショッピングサイト。食材はもちろん、お鍋やおせちなども満載。


2009-11-27 in お取り寄せ | 固定リンク

 
top バックナンバー デリシャス日記 レストランデータ レシピ 旬の食材 おすすめ特集 クチコミ