デリシャスウェブ

menu



デリシャスウェブ > バックナンバー > アンゼリカ(東京・下北沢)


バックナンバー


アンゼリカ(東京・下北沢)

このページの情報は、2001年10月~2004年12月に発行された雑誌「デリシャス」「家庭画報デリシャス」掲載時点の情報です。

「子供の頃ね、三角パックのコーヒー牛乳片手に食べたカレーパン、あれは最高でしたねぇ」とオーナーの林大輔さんはあんパンマン(?)のふくよか笑顔。
 当時まだ洋菓子&喫茶だった店をパン屋に、と英断したとき、思い出したのが「あの味!」だった。そして、試しに大手メーカーのカレーパンをパクッ。「ン......?!」で、心は決まった。少年の頃のあのカレーパンよ、カムバ~ック!
 それからはもう、カレーパン大王へと一直線。まずはベースとなるカレールーの研究からスタート。おいしいカレーを知らずして、おいしいカレーパンは生まれないと、西へ東へのカレーライス・アラウンド・ザ・ワールド。
 その結果、店に顔を並べているのが5種。大王のお好みは中辛のスタンダード。それにジューシーな野菜と刺激的なスパイスが香る辛口野菜、マイルド系のきのこの里(ほかには、たまごカレーパンと、福神漬け入り、焼きタイプのドライ)。
「カレーパンのおいしさは、やはりパン生地とカレールーのハーモニーですね」
 もちっとした生地にかぶりつくと、スパイシーでキレのいいカレーが、「わっ」、びっくり箱のように飛び出してくる。
 生地は粉の甘みが広がり、油で揚げたときにグルテンのベールが油の吸収を防ぐように成形。フィリングからは、肉のエキスがじわっ。玉ねぎ、はちみつ、りんごの甘み、ヨーグルトの酸味、それに十種ほどのスパイスをローストし、それぞれカレーパンのキャラクターに合わせて精妙にブレンド。季節によっても量を調節し、辛さと甘みを加減しているとか。
 楽しさはカレーパンだけでは終わらない。「スパゲッティやお茶漬け、中国のねぎパンからヒントを得た」と冒険心と情熱から生まれたのが、ごぼうのカルボナーラ、鮭あられ、ねぎロール。パンのネーミングも、またユニーク。たまよちゃん、バジゴン......。
「職人だか、芸人だかわからないでしょ」
 いえいえ、そんな愉快なスパイスと、「好きな人に作ってあげる気持ちで。だからあんを詰めるのもひとつひとつ手作業で」というホームメイドの愛情で、ボリュームたっぷり、魅力いっぱいのデリカパンが大きくふくらんだ。
 店の中はいつもアトラクションを待つような満員御礼状態。惣菜パンを筆頭に、みそパン、白玉あんぱんなどの菓子パンたち、そう「アンゼリカ」はベーカリーのワンダーランドなのだ。


カレーパン(きのこの里)
カレーパン(きのこの里)160円。ソーセージとケチャップで味つけしたマッシュルーム、しめじ、えのきがどっさり。カレーのさわやかさにきのこのコクが広がるやや甘めのマイルド系。

鮭あられ
鮭あられ140円
鮭がほろほろ、あられがパリパリ。お茶漬け感覚のサプライズパンは、しょうゆをきかせ、マヨネーズをひそませ、パンに合うようクリエイト。


お店データ

アンゼリカ (プレミアムデリシャス)




高島屋

記事検索




メールマガジン登録



登録



世界文化社の食の本

お菓子とラッピング

詳しくはこちら

ワインのおつまみ

詳しくはこちら







TOPクチコミおすすめ特集旬の食材レシピレストランデータデリシャス日記バックナンバー
SEKAIBUNKA.COM SWC 会員サービス 広告掲載に関するお問い合わせ お問い合わせご利用について

(c)SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

top バックナンバー デリシャス日記 レストランデータ レシピ 旬の食材 おすすめ特集 クチコミ