デリシャスウェブ

menu



デリシャスウェブ > バックナンバー > 加茂みたらし茶屋(京都・下鴨神社)


バックナンバー


加茂みたらし茶屋(京都・下鴨神社)

このページの情報は、2001年10月~2004年12月に発行された雑誌「デリシャス」「家庭画報デリシャス」掲載時点の情報です。

みたらし団子は、下鴨神社の氏子たちが神饌菓子として作ったのが始まりで、原形は平安朝の時代まで遡る。下鴨神社境内の御手洗池に湧き出る水玉を模したといわれており、当時から神聖なものだった。1本の串に団子を通すようにしたのは、この店の初代の考案。上新粉のみを使用し、ていねいに手でこねて作る団子は、歯ごたえがあり、米の香りが漂う。たれは、沖縄産の特等黒糖と特選しょうゆを煮込んだもので、あっさりしている。


みたらし団子
みたらし団子3本とお茶のセット400円。持ち帰る場合は、その日のうちに食べるのが基本。




高島屋

記事検索




メールマガジン登録



登録



世界文化社の食の本

お菓子とラッピング

詳しくはこちら

ワインのおつまみ

詳しくはこちら







TOPクチコミおすすめ特集旬の食材レシピレストランデータデリシャス日記バックナンバー
SEKAIBUNKA.COM SWC 会員サービス 広告掲載に関するお問い合わせ お問い合わせご利用について

(c)SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

top バックナンバー デリシャス日記 レストランデータ レシピ 旬の食材 おすすめ特集 クチコミ