デリシャスウェブ

menu



デリシャスウェブ > バックナンバー > バードランド(東京・銀座)


バックナンバー


バードランド(東京・銀座)

このページの情報は、2001年10月~2004年12月に発行された雑誌「デリシャス」「家庭画報デリシャス」掲載時点の情報です。

 料理の大家ジョエル・ロブションが絶賛し、食通たちを唸らせる焼きとりの名店「バードランド」。極めつきの焼きとりのあとに、かき込む親子丼。これがまた目を見張るほどの味だ。肉に力がある。鶏肉を食べているという満足感があるのだ。さらに旨みの源のような卵が、ふんわり肉を包み、粒のしっかりしたご飯と一体になって迫ってくる。参りました!「奥久慈しゃもの魅力を引き出そうとしているだけですよ」。店主の和田利弘さんは、さらりと言う。奥久慈しゃもとは、しゃものオスと、名古屋コーチンとロードランドアイランドレッドをかけ合わせたメスを交配した品種。「脂肪が少ないのに、肉汁がたっぷりある」と、ぞっこん惚れ込んでいる和田さん。オスで4か月、メスは5か月、最も旨みののった若鶏が、茨城県の生産者から保冷宅配便で直送されるから鮮度は抜群。親子丼には、脂ののったもも肉と、歯ごたえのある胸肉の2種を使い、食感の違いを楽しめるような工夫がされている。卵も奥久慈しゃも、しかもヒナにかえる有精卵である。「親子丼を始めたのは、感動ものの卵を食べてもらいたかったからなんです」。当初は隠しメニューだったが、今やほとんどの客が注文するもう一つの名物だ。火を入れてから約1分30秒の早業でジューシーな肉、とろりとした半熟卵、火の通りも絶妙な親子丼ができ上がる。ボリュームたっぷりだが、焼きとりをたらふく食べたあとでも、するりと入るから不思議。おなかにゆとりがあったら、卵の味が生きたプリンも、ぜひお試しあれ。


旨み弾ける奥久慈しゃも、香り豊かな卵、一粒一粒がうまいご飯が一体となった親子丼。1200円。




高島屋

記事検索




メールマガジン登録



登録



世界文化社の食の本

お菓子とラッピング

詳しくはこちら

ワインのおつまみ

詳しくはこちら







TOPクチコミおすすめ特集旬の食材レシピレストランデータデリシャス日記バックナンバー
SEKAIBUNKA.COM SWC 会員サービス 広告掲載に関するお問い合わせ お問い合わせご利用について

(c)SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

top バックナンバー デリシャス日記 レストランデータ レシピ 旬の食材 おすすめ特集 クチコミ